踊り場の壺をよけて通る階段昇降機!

お取り付け事例

2階建ての住宅にお一人暮らしの女性、脚に痛みがあって杖を使っておられます。
主な生活スペースは1階ですが、2階に寝室があり、物がたくさんしまってあります。

階段昇降機の設置を決められたあとも、レールやシートカラーを選ぶときにはお友だちを呼んで意見を聞き、いろいろ比べたうえで、納得の配色に決められました。

上階では壁の角とレールの端を揃えることで、より見た目にすっきりとした収まりになりました。

お客様のひとこと

2階を片付けるにしても、物を持って痛む足で階段を上り下りするのがとても大変でした。
おかげさまで今は、昇降機に毎日10往復くらい乗って2階をかたづけています。

椅子のカバーやレール色もいろいろあって悩みましたが、納得のものを選ぶことができて今はとても満足しています。

営業担当者からもうひとこと

ティーケーイーの階段昇降機には、他社にない大きな特長がいくつかあります。その一つが「走行中の自動旋回」。 走行しながら椅子を回すことで、途中の踊り場に置いてあった大きな壺などを動かすことなく、つま先が当たらないように避けて走行させることができました。

また、椅子が走行するスピードも、最高速度の秒速120ミリから5ミリ刻みで細かくプログラムすることができます。

出発、到着の時やカーブを抜けるときに滑らかに加速・減速をしますから、乗っていて体が揺れず、体に痛みのある方、体幹の弱っている方でも安心して利用することができます。

滑らかな加速・減速、TKE階段昇降機
タイトルとURLをコピーしました