突然のお怪我により車椅子でのご生活に…「とにかく急いでいます!」

IMG_1183s お取り付け事例

「とにかく急いでいます!困っています!」と、ご連絡をいただきました。
お母さまが突然のお怪我で骨折され、車椅子でのご生活となられたとのこと。
主要な生活設備がお二階にあるため、急きょ一階の小部屋に簡易ベッドやポータブルトイレを置き、何とか生活されているとのことでした。

お母さまも「二階にあがりたい!早くなんとかして!」と、毎日のようにご子息のY様におっしゃられているとお聞きし、私共も営業所をあげて出来る限りスピーディーな対応をいたしました。

階段昇降機が設置され、念願の “いつも通りの暮らし” を取り戻されたことに、営業担当の私も嬉しく思います。

お客様からのひとこと

しっかりとした説明で、この人は信用できる!と思いました。
とても急いでおり、早くに設置したいという思いも受け止めてくださり、現場計測、御見積、契約までとても早く安心してお任せできました。
今後担当者の方にお逢いする機会はほとんどありませんが、周りに必要とされる方がおられましたら是非ご紹介したいと思います。

IMG_1187s

レール設計担当からのひとこと

階段の勾配は52度。とても急な階段のうえ、上階踊り場のすぐ脇にドアがあります。ドアに干渉しないよう、かつ安全に乗り降りができるスペースをできるだけ広く確保するために、レールの縦曲げを工夫して上階に突き出さないようにしました。
椅子自動旋回機能付きですので、レールの突き出しがなくても、上階フロアに椅子が向いて楽に乗り降りができます。

タイトルとURLをコピーしました